本文へスキップ

自己破産のデメリット,大阪,多重債務,無料相談

PC版

自己破産の解説

■ブラックリストに載るとどうなる?CONCEPT

■ブラックリストに載るとどうなる?

ブラックリストのデメリット

普通に生活している分には影響はありません。

●クレジットカードがしばらく作れない。
●ローンがしばらく出来ない。
ブラックリストに載るといっても一生続く訳ではありません。

これだけです。
借金グセのある方は、却って好都合かも知れません。

●家族にとってどう考えるか?

借金やショッピングのクレジット支払に窮してしまい、延滞することが確実になってしまっても、ブラックリストに自噴の名前が記載されることを極端に嫌い、これを避けるために本人が親や兄弟、親類、または友人に依頼して、一旦立て替えてもらうことがあります。この資金を立て替える方は本人を信用し、または本人のためになると信じて借金の肩代わりをします。
これが家族であり、親兄弟であれば、万一本人から返金がなくてもよいと、覚悟をして、あくまでも本人のためになったと信じて疑わないことでしょう。

このような行為は一時しのぎにしかならない場合が多く、また、多額の借金も立て替え支払いしてくれる頼もしい家族が存在留守ことが発覚し、それは本人の新たな信用となって、本人の支払能力を遙かに超えた与信が与えられるのです。
家族がよかれと思った行動が、借金グセがあり、これまで家族に内緒で借入を繰り返してきた、心の弱い本人の新たな裏切りという結果を導き出してしまいます。

家族が無理に用立てたとしてもこのような結果になるのなら本末転倒です。すでに完済しているはずの借金が、いつのまにかより多額な負債になっているなどと言うことが起こらないように注意が必要です。

ここでは一つのけじめとして、何らかの債務整理を行い、本人が借りたくても借りられない状態にすることも必要だと考えるべきでしょう。

大事なことは、正常に生活を立て直すことであって、個人信用情報こそ一時的なことであり大きな問題ではありません。

●なぜ手続きが必要なのか    ●ブラックリスト

●携帯電話が原因で破綻

事故情報は、いつまで登録されるのか?

延滞などの事実のあった日から5年〜7年以内の記録が載ることになっています。
個人信用情報機関によって違います。
期間を過ぎると、記録は自動的に消去されます。

■各信用情報機関の登録期間について

●携帯電話が原因で破綻

お問い合わせ電話番号06-6782-5811

●よもやま話       ●住宅ローンと任意売却

お電話で相談

メールで相談

メインナビゲーションメニュー

自己破産の無料相談大阪

NPO法人消費者サポートセンターは、当センターの運営は営利を目的とせず、本活動趣旨に賛同いただいている民間の支援援助、 多額の借金を抱えたクレジット・サラ金等の被害者とその家族及びボランティアにより運営されております。

借金相談大阪

特定非営利活動法人 消費者サポートセンター
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6

相談大阪06-6782-5811

ブラックリストは怖くない、個人信用情報、多重債務、自己破産、兵庫 神戸 大阪、影響は少ない!

自己破産は生活再建のためのプログラムです。