本文へスキップ

自己破産の風評、誤解!勘違い,自己破産の偏見,無料相談

PC版

自己破産の解説

自己破産の風評、誤解!勘違いCONCEPT

■自己破産しても困ることはない

■借入及び返済の禁止

「自己破産」という言葉は非常にインパクトがあります。そしてこの言葉から、様々な誤解が生まれているようです。

  • 一生破産者のレッテルを貼られる(自己破産によるスティグマ)
  • 長期旅行や海外旅行ができなくなる
  • 自己破産したことが戸籍や住民票に記載される
  • 本人だけでなく、家族の結婚や就職に支障が出る
  • 選挙権などの公民権がなくなる
  • 会社を解雇されてしまう
  • アパートや賃貸マンションを出て行かなければならない
  • 自己破産をすると服や家具など全て差押を受けてしまう
  • 自己破産をしてしまうと国家資格を受験することはできなくなる

これらの風評は誤解です。
日常生活を送るために必要な家財道具まで差押を受けることもありませんし、勤務先から借入が無ければ、勤務先に自己破産手続をしていることが知られることも通常はありません。当然、会社からそれを理由に解雇されることも無いわけです。

■自己破産にはあまりよいイメージはないが・・・・

自己破産によるマイナスのイメージは、やはりその多くが誤解によるものだと考えます。自己破産は人生の終わりだ!」という方がおられます。それを聞いた人は、「自己破産すると、どんな大変な事態になるのか?」と考えてしまいます。
しかし、それはとんでもない間違いだと言わざるを得ないということです。
自己破産は、今までの借金生活をリセットして新たな生活を再建できる素晴らしい手続きです。
借金は全て整理して、今後の収入は全て自分のものである。自己破産したからといって決して惨めな生活があるわけではありません。

 こんな誤解していませんか?

自己破産しても実際には困ることはほとんどありません。
ですから、借金の返済ができなくなった場合には積極的に自己破産を検討することをおすすめします。

無料相談会はこちらから

●海外旅行に行けないのか?      ●ブラックリスト

●携帯電話が原因で破綻        ●住宅ローンと任意売却

お電話で相談

メールで相談

メインナビゲーションメニュー

自己破産の無料相談大阪

NPO法人消費者サポートセンターは、当センターの運営は営利を目的とせず、本活動趣旨に賛同いただいている民間の支援援助、 多額の借金を抱えたクレジット・サラ金等の被害者とその家族及びボランティアにより運営されております。

借金相談大阪

特定非営利活動法人 消費者サポートセンター
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6

相談大阪06-6782-5811

自己破産について分かりやすく解説していますのでぜひご覧下さい!

自己破産は生活再建のためのプログラムです。