本文へスキップ

自己破産の必要性と実情について 大阪

PC版

自己破産の解説

自己破産の必要性と実情についてCONCEPT

■自己破産は罰ではない

人が思うイメージには、大変厄介なケースが多々あります。その一つに挙げられるのが、「自己破産」手続きではないでしょうか?
一方的な思い込みで、人生にとって大切な岐路に立たされた時、判断を間違ってしまう方も見受けられます。本当に恐ろしい話ではありますが、それほど物事に対するイメージが人にとっては、大きな判断材料になります。

この手続きについてよく考慮し、正しい認識を少しでも持っていただけたらと思います。
では、一般的な相談者の方のイメージを述べますと「人生の終わり」「最低な人間になってしまう」「選挙権がなくなる」「旅行など絶対に行けない」「外食など贅沢はしてはいけない」究極は「家の中の物を持って行かれる」などが多数派のご意見としてよく耳にします。

このような作用が「自己破産」手続きに伴うのであれば、単に「罰」を与えているだけになってしまいます。 お金を借りる・返済が困難になる事は犯罪を犯したわけではりません。
上述しているような「罰」を与えられる謂れは まったくないのです。

国も地方公共団体も、多額の借入をし返済がままならぬ状況になっていますが、何も「罰」は与えられていない現状です。
誰しも返済を考慮せずに借入をする方はないかと思います。しかし、収入の減少や職を失い、返済したくともできない状態に追い込まれる事は、よく見受けられます。このよな事態に立たされた時「自己破産」を中心に何らかの「債務整理」をする必要が生まれます。ただ、現状を受入れ、一刻も早い生活の再建が何より大切ではないでしょうか?

債務超過(返済不能状態)になっても人は「会社」のように「止める」選択肢はありません。どうしても生きて行かなければなりません。では、人生を再出発する手だてが必要ではないでしょうか?イコール「自己破産」を含めた債務整理です。
返済計画が狂い、日常生活に異常をきたすようになれば「したい」「したくない」などの感情論より実際の生活を最優先に考えるべきで、守るべき子供や老人など弱者がいる場合は、日常生活の取戻し一点に集中すべきではないでしょうか?

端的に述べるなら「自己破産」を進めてる最中も「免責」がおりた後も、あなたやあなたの家族の生活は何も変わりません。
要するに何の制約も受けるに至りません。ただ、唯一法律で定められてはいませんが「信用取引」が一定期間できないだけです。

●住宅ローンと任意売却

お問い合わせ電話番号06-6782-5811

●最も有効な方法    ●按分弁済

●よもやま話  ●携帯電話が原因で破綻

●NPOの無料相談

無料相談会はこちらから

●海外旅行に行けないのか?      ●ブラックリスト

●携帯電話が原因で破綻

お電話で相談

メールで相談

メインナビゲーションメニュー

自己破産の無料相談大阪

NPO法人消費者サポートセンターは、当センターの運営は営利を目的とせず、本活動趣旨に賛同いただいている民間の支援援助、 多額の借金を抱えたクレジット・サラ金等の被害者とその家族及びボランティアにより運営されております。

借金相談大阪

特定非営利活動法人 消費者サポートセンター
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6

相談大阪06-6782-5811

自己破産について分かりやすく解説していますのでぜひご覧下さい!

自己破産は生活再建のためのプログラムです。