本文へスキップ

自己破産と公務員,大阪,神戸,京都

PC版

自己破産の解説

自己破産と公務員、制限とは?CONCEPT

●公務員の方が自己破産するとどうなるか?

公務員が自己破産を行う場合であっても公務員を続けていただくことは可能です。

自己破産をした場合には、一定の期間、「資格制限」を受けることになりますが、地方公務員や国家公務員の方は、この「資格制限」のために免職されることはありません。

国家公務員
国家公務員(官職)に就くことができない者の事項について、国家公務員法では、

  1. 成年被後見人又は被保佐人
  2. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなる
    までの者
  3. 懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  4. 人事院の人事官又は事務総長の職にあつて、第109条から第111条までに規定する
    罪を犯し刑に処せられた者
  5. 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で
    破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

上記のみです。破産者が欠格事由に当たるとの記載はありません。

地方公務員
地方公務員の場合、地方公務員法では

  1. 成年被後見人又は被保佐人
  2. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなく
    なるまでの者
  3. 懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  4. 人事院の人事官又は事務総長の職にあつて、第109条から第111条までに規定する
    罪を犯し刑に処せられた者
  5. 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で
    破壊することを主張 する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

上記のとおりです。いずれも破産者の項目はありません。

 自己破産をした場合には、一定の仕事については、数ヶ月間制限を受けることになりますが、地方公務員や国家公務員の方が、この「資格制限」のために免職されることはありません。

●自己破産の風評と誤解

自己破産手続を行なったこと自体で公務員の立場を追われることがないことは確かなようですが、その他の事情として、公務員には「信用失墜行為」なるものが懲戒の対象になる場合があります。
自己破産そのものではなく、自己破産に至った理由が公務員として「全体の奉仕者たるにふさわしくない非行」に当たるとされるか否かという事が、レアケースでではあるものの、絶対ないとは言い切れません。
例えば、公務員の立場を利用して犯罪を行なって、損害賠償弁済の結果、経済的に立ち行かなくなった場合などが当てはまるのではないかと思われます。なお、自己破産に至った原因がギャンブルによるものであるとしても、それだけをもって不名誉なる行為として懲戒対象となる可能性は少ないと思われます。

お問い合わせ電話番号06-6782-5811

●共済貸付には注意してください。

●公務員に多い共済会からの借り入れについて

公務員の方で相談にこられる多くは、共済組合からお金を借入れされています。もし、共済組合から貸付を受けている場合は、破産手続きにおいては、共済自体が債権者となってしまうため、勤務先に自己破産したことを知られることになってしまいます。
これらの理由から自己破産をした場合に「職場に居づらい」と自主的に退職されるケースも見られ、破産を躊躇される場合があります。
しかしながら、これをもって決して解雇になる訳では決してありません。

大切なことは、今後の生活を考え職を辞することなく毅然とした態度で勤め上げることです。

無料相談会はこちらから

●携帯電話が原因で破綻        ●住宅ローンと任意売却

●自己破産の必要性と実情

お電話で相談

メールで相談

メインナビゲーションメニュー

自己破産の無料相談大阪

NPO法人消費者サポートセンターは、当センターの運営は営利を目的とせず、本活動趣旨に賛同いただいている民間の支援援助、 多額の借金を抱えたクレジット・サラ金等の被害者とその家族及びボランティアにより運営されております。

借金相談大阪

特定非営利活動法人 消費者サポートセンター
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6

相談大阪06-6782-5811

同時廃止の場合、債務者の財産は一切換価処分されない、新得自由は自由、居住制限もありません。

自己破産は生活再建のためのプログラムです。