本文へスキップ

自己破産と任意売却、大阪無料相談

PC版

自己破産の解説

自己破産と任意売却CONCEPT

■ 生活を再スタート・任意売却の利用 ■

「自己破産」と聞くと、言葉のイメージから敗北感をもたれる方もおられますが、本来の意義を理解し、最優先に生活再建を考えて欲しいと思います。
逆に述べると、自己破産を行うには行うだけの、借入額や家計収支などの内容が問われます。また、借入の中には住宅や車のローンも含まれ、皆さんが一番気になる問題が多くある事も事実です。

●住宅問題も心配ないです

生活に必要な衣食住は、お子さんのおられるご家庭には、何よりも気になる点です。
中でもローン中のご自宅をお持ちの場合のポイントは、今後安定して住宅ローンの住宅任意売却支払いが可能かどうかです。
借金が、住宅ローンを組んだ為にはじまるご家庭も多く、こういったケースでは、住宅を売買して残債務も含めて自己破産を行い、生活を再スタートさせた方が好ましいでしょう。

ローン中の住宅を売買するとなれば、ほぼオーバーローンになっている為、任意売却を使い、計画的に売買・転居する方法もあります。
お子さんがおられると、学区の問題など、親としては心配の種はつきませんが、事態をどんどん悪化させ、まったく余裕がない状態にはならないように心掛ける必要があります。

●車も所有可能です

もう一方、車のローンについては、お持ちの車を残す事は、困難な状況です。
唯一、ご親族やお身内に残債務を支払って貰えれば車を残せますが、もちろん所有者は、残債務を支払われた方になります。
間違えても、ご自分の名義にはしないように気をつけましょう。
正攻法を言えば、住宅・車及びその他の支払いを停止している間に、車購入費用を捻出し、購入していただいても大丈夫です。ただし、今後も保険代や車検費用の捻出が十分可能で、尚且つご自分名義で購入するなら査定価格20万円未満である必要があります。

自己破産を行うと、何もかも失うわけではないですし、任意売却利用で住宅問題も安心できます。また、車も所有できないわけではありません。
何よりも注意すべきは、給与の差押や口座の差押などの回避です。
支払い困難で全く身動きできない状態になる前に、決心をし前向きに自己破産を捉え、生活再建を進めるべきでしょう。

●海外旅行に行けない?    ●よもやま話

●返済が滞る前に    ●自己破産の必要性と実情

●住宅ローンと任意売却

お電話で相談

メールで相談

メインナビゲーションメニュー

自己破産の無料相談大阪

NPO法人消費者サポートセンターは、当センターの運営は営利を目的とせず、本活動趣旨に賛同いただいている民間の支援援助、 多額の借金を抱えたクレジット・サラ金等の被害者とその家族及びボランティアにより運営されております。

借金相談大阪

特定非営利活動法人 消費者サポートセンター
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6

相談大阪06-6782-5811

多重債務者の数は数百万人に及ぶとも言われています。裁判所に申し立てる法的な債務整理を行い生活を取り戻そう!債務整理相談室・過払い金請求・京都・兵庫

自己破産は生活再建のためのプログラムです。