本文へスキップ

自己破産のNPOコラム,大阪

PC版

自己破産の解説

自己破産の知らない世界・わからない世界CONCEPT

■自己破産手続あれこれ

自己破産のイメージはどうでしょうか?
少なくとも良いイメージを持っている方はいないように思います。
自己破産の手続きは、法律に従い行うもので、違法な事をするわけでもありません。間違った認識をしていると本来、生活再建を進める事が十分に可能な債務者が必要以上に支払いに追われ、状況を悪化させる事になります。

目安としては、借入れの返済が約定通り行え、尚且つ債務額が減少しているのであれば、支払い可能と考えられますが、債務額の減少どころか約定通りの返済すら困難になれば、何らかの債務整理をする必要があるかと思います。

お一人であっても、収入と支出をしっかり把握する事は重要な事であります。ましてご夫婦やご家族であれば、家計の収支を把握していてこそ生活が成り立つかと思います。こういった状況から、債務整理が必要かどうかの判断はできるかと思います。

債務整理が必要になれば、手続きとして自己破産や個人再生など法的手続きが必要か任意整理など任意の和解で解決できるか弁護士等に相談する事も解決の為には必要な手立てだと思います。手続き(方針)をよく理解した上で、ご自分の意思で納得し、依頼する事が重要です。(もちろん、ご自分の手続きは、ご自分で行う事ができます。)

知らない世界・わからない世界に足を踏み出す事は大変勇気が必要な事です。債務整理(自己破産)を行った後に何が待ち受けているか本当に不安になる事は当たり前です。何らかの手続き(法的手続き)を行う事は「罰」を与える為のものではなく、生きていく人間にとっては、大切な「生活再建の手段」として位置づけられています。法の精神をよく理解し、勇気を持って一歩踏み出しましょう。

●按分弁済とは

お問い合わせ電話番号06-6782-5811

●なぜ手続きが必要なのか    ●ブラックリスト

●携帯電話が原因で破綻

無料相談会はこちらから

●住宅ローンと任意売却     ●自己破産の必要性と実情

お電話で相談

メールで相談

メインナビゲーションメニュー

自己破産の無料相談大阪

NPO法人消費者サポートセンターは、当センターの運営は営利を目的とせず、本活動趣旨に賛同いただいている民間の支援援助、 多額の借金を抱えたクレジット・サラ金等の被害者とその家族及びボランティアにより運営されております。

借金相談大阪

特定非営利活動法人 消費者サポートセンター
所在地 大阪府東大阪市横枕西4-6

相談大阪06-6782-5811

同時廃止の場合、債務者の財産は一切換価処分されない、新得自由は自由、居住制限もありません。

自己破産は生活再建のためのプログラムです。